仲介業者を使わずに賃貸を探す方法はあるの?

業者の介入なしで探す方法を知りたい!賃貸住宅に関する情報サイト

自分で探すのにはデメリットもある

借主が不利になることも

極端な話ですが、賃貸住宅契約をするときは口約束だけでも可能です。
親戚などから住まいを借りるときなどは、そのような形が多いですよね。
また、友人や知人に紹介してもらう場合も、そういったケースがあるかもしれません。

その結果、「言った」「言っていない」とトラブルの原因にもつながります。
そのような事態を防ぐためにも「賃貸住宅契約書」を交わすことが大切です。
家賃はもちろん、共益費や駐車場使用料などの記載も必要になります。
契約更新時の条件についても、はっきりさせておきたいところですね。

ただし、契約段階に及んでも、貸主に遠慮する人がいるかもしれません。
急な転勤などで引っ越しを急ぐときは、不利な条件を承知で受け入れてしまう場合もあるからです。
自分で賃貸住宅探しをするときは対象物件が限られることもあるため、それが裏目に出ることも知っておきましょう。

トラブル時の対処が面倒に

賃貸住宅の契約を貸主と直接行うことで、なんらかのトラブルが発生したときに迅速な対応が可能になります。
ガスや水道に不具合が生じたとき、貸主に直接連絡できるのが嬉しいことです。
ただし、すぐに連絡がつかない場合も少なくありません。

それとは別に、そういったトラブルが生じたときに仲介する人がいないため、対処が面倒になることも考えておきましょう。
また、自分ですべて対応する必要があることを把握しておきましょう。
 
たとえば、水漏れが起きたとき、部品交換費を誰が負担するのかで揉めることも少なくありません。
しかし、仲介業者を通して契約している場合は、そのようなトラブル時に仲介してもらえます。
また、家賃を一方的に値上げされる可能性もないとはいえませんね。
こちらの場合も仲介業者を通じての連絡になるため、業者にこちらの気持ちを伝えることができます。


このコラムをシェアする